TKLAB

主にゲーム開発の自分用メモです

フリーゲームのセレクト画面

久しぶりのブログ更新
プログは更新していないけど、製作はちゃんと継続中

フリーゲームのセレクト画面

ver.1.20のセレクト画面 時間が無かったのでかなりテキトーに作った

f:id:taken1:20181111104329p:plain:w320 f:id:taken1:20181111104332p:plain:w320

以下が制作中のセレクト画面
ver.1.20は能力しか表示されていなかったので、いろいろ情報を追加してみた。
以前は操作選手を選択後、デッキ選択、対戦相手を選ぶという一方通向の選択になっていて
なんかイマイチだった。 そこで選択肢を作って任意に選ぶことができるようにした。
あんまり変わらないけどこっちのほうが良い気がする。

f:id:taken1:20181111104335p:plain:w320

f:id:taken1:20181111104338p:plain:w320 f:id:taken1:20181111104344p:plain:w320


なんか見た目が良くならないんだよな 。まあ、センスの問題だからどうしようもない。
ここが完成すれば、一応遊べる形にはなる。
あとはver.1.20のストーリーモードの改善とチュートリアルの実装が大きな壁となる。

現在、一番不安なのは顔グラフィック。
今は顔グラを仮でごまかしてるけど、いつかは描かないといけない・・・
フリー素材でラクしたいけど、絵柄が統一できないから結局自分で描くことになる。
16x16のドット絵はすぐ描けるけど、顔グラは時間がかかるから描き始めるのに
気合が必要なんだよな

テクスチャを試してみる

今週は気分転換にタイトル画面を作成した。
Ver.1.10のタイトル画面をそのまま使うのでやることは無いんだけど・・・


テクスチャを使うと、いい感じになるらしいので、
『Paper-co』さんから素材を借りて
タイトル画面にペタッと貼り付けて、透過させてみた。


[テクスチャ使用前]
f:id:taken1:20181016221145p:plain:w320

[テクスチャ使用後]
f:id:taken1:20181016221143p:plain:w320

うん、全然わからん。たぶんテクスチャの選択が悪いのと不透明度を下げすぎだと思う。
でも、不透明度を上げると今度はテクスチャが自己主張してくるんだよな。
合成モードもオーバーレイしか試してないから他のだともっと良くなるかもしれない。
まあ、自分はタイトル画面を作り込むのはそんなに好きじゃないから、これでいいです。

今後、制作したいゲーム

ポケットタッキュウの進捗は引き続きカードの効果を実装中。
カードゲームとしては遊べるのでデッキをいろいろ試して遊んでいる。
今週も特に目立った進捗は無いのでどうでもいい事を書く


ポケットタッキュウ以外にも作りたいゲームが現状では2つある。


一つはアクションゲーム
「悠遠物語」や「Salt and Sanctuary」などの2DアクションRPG
すごく好きで、ゲーム開発を始めた頃は無謀にも挑戦していた。
残念ながら大量のアニメーションの絵が必要だったり、アクションゲーム特有の
細かい技術(当たり判定、キー入力、ヒットストップなど)で簡単に挫折してしまった。
今でも、いつかは作ってみたいと思う分野。RPG要素やストーリーを無くして
アクション部分だけでも作れないかと思案中。


二つめはローグライクゲーム
いろんな人が作っているから今更、自分が作っても
あまり意味は無いかもしれない。でも、昔から考えている
ゲームの構想があってそれを実現するために作る。


今は少しづつ、次回作のゲームの企画書や設計書を書いている。
次のゲームはウディタを卒業してUnityで作ると思う。
Unityは何回も挫折しているから敬遠していたけど、
最近は覚悟を決めて勉強するしかないと思っている。

サポートカードについて

特に書く内容が無いのでサポートカードについて書いておく。


「ポケットタッキュウ」では技カード以外にデッキ圧縮やHP回復など
試合を支援するサポートカードというものがある。
技カードだけだとつまらないので追加した。


Ver.1.10ではサポートカードの種類が9枚しかなく、効果がイマイチだったので
効果を修正してデッキに入れる価値を増やしたいと思っている。


Ver.2.00ではサポートカードの効果が発動する条件を以下の3種類にする予定
(有名なカードゲームによくあるやつ)


【起動型】
手札からベンチに置かれたときに一度だけ効果が働く
主にHP回復やカードレベルUPなどの効果を実装予定


【支援型】
ベンチに置かれている間、効果が続く
主に攻撃力アップの効果を実装予定


【反撃型】
ベンチから捨て場に置かれたときに一度だけ効果が働く
発動する条件が難しいが強い効果があるという感じにしたい


デッキにサポートカードを何枚まで入れることができるかは考え中
現状はとりあえず5枚にしているけど、特に理由はない
無制限は試合にならないので駄目だろな


技カードとサポートカード同士のシナジー
サポートカード同士がシナジーを生む感じにしたい

試合画面のインターフェイス周り

引き続き試合画面を作成中
今週はカードの情報が表示される機能を実装


カードにマウスカーソルを合わせたときにそのカードの簡単な情報を表示。
またカードにカーソルを合わせて右クリックで詳細な情報を見ることができる。
ゲーム画面の制約があるので、マウスカーソルを合わせたときは絶対に必要な
情報のみを表示した。


詳細画面はまだ制作の途中だが、どれだけ情報を見せるかを検討中。
Ver.1.10では攻撃力を曖昧に表示していて、最終的に攻撃力がいくつになるのかを
事前に知ることはできなかった。作者としてはガチのカードゲームではないので、
攻撃力はなんとなく分かれば良いと思っている。


あと、特殊能力やサポートカードでどれだけ攻撃力が上昇しているのかを
示したほうが良いのはわかるけど、処理が複雑で実装が難しいんだよな


①簡易情報(技カード)
f:id:taken1:20180924094631p:plain:w320


②簡易情報(サポートカード)
f:id:taken1:20180924094628p:plain:w320


③詳細情報
f:id:taken1:20180924094626p:plain:w320

ウディタの「コモンEv名で呼出」機能

最近、気づいたがイベントコモンて名前で呼び出すことができるのか

何年もウディタ使っているのに「コモンEv名で呼出」のコマンドに気づかなかった

 

f:id:taken1:20180917112330p:plain

 

「イベントの挿入」だとコモンの位置が変わると呼び出せなかったり、

テーブル処理ができなくて不便だとずっと思ってた。

 

例えばポケットタッキュウには特殊能力の効果が実装されているコモンを呼び出す処理があるのだが、「イベントの挿入」しか知らなかったので仕方なくif文で呼び出すコモンを指定していた。これだと行数も長くなるし、修正も大変だったが「コモンEv名で呼出」を使うと名前でコモンを呼び出せるのでif文を書く必要が無くなり数行で済むのでスッキリした。

 

「イベントの挿入」使用時

f:id:taken1:20180917113521p:plain

 

「コモンEv名で呼出」使用時

f:id:taken1:20180917113519p:plain


他にも知らない機能がありそう。。。

試合画面を制作中

『ポケットタッキュウ』Ver.2.00の試合画面を作成中

Ver.1.10と比べて大きな変化は無いけど、アイコンにマウスカーソルを持っていくと説明が
表示されるようにした。説明文の文字が小さい気がするのでたぶん変更する。

あと試合中に選手のステータスを確認できるようにした。これで特殊能力で
ステータスがどれだけ変化したかを確認できる。

現在は技カード、サポートカード、特殊能力の効果をひたすら実装している。
実装した後、バグがないか一つずつ確認するためしばらく試合部分の制作が続くと思われ。

試合画面
f:id:taken1:20180909192009p:plain:w320

ステータス画面
f:id:taken1:20180909192012p:plain:w320